20190820082828 121482 companylogourl hitachizosen logo2

日立造船

ブース番号 5A-07
プラント補修・保全・長寿命化展2019

見どころ情報

プラント用熱交換器の保守・保全業務で活躍! 従来のUT技術では実現できなかった特殊なビーム走査により管端溶接部を高精度に検査する 『管端溶接部のフェーズドアレイUT装置』は、多くのお客様にご好評いただいています。 検査時間は管1本あたり約1分、1日当たり最大600本(検査装置3台使用時)の検査が可能です。 溶接部に内在する溶接欠陥の検出や応力腐食割れの検出など、管端溶接部のトラブルを未然に防止します。 新規製造した熱交換器の出荷前検査、バンドル交換時の検査、定修時の検査及び経過観察など、あらゆる場面で活躍します。 展示ブースでは、検査装置の展示及び管端溶接部試験体を用いた検査デモを行います。 是非ともお立ち寄りください。

出展製品

熱交換器管端溶接部のフェーズドアレイUT検査装置

20190820082649 121482 seihinlogo1 paut device

フェーズドアレイUT装置

20190820082649 121482 seihinlogo2 paut scanning

PAUT検査断面図

お問い合せ先情報

日立造船株式会社 (https://www.hitachizosen.co.jp/technology/hitz-tech/service02.html

ページTOPへ