20190924140433 119314 companylogourl ロゴ

ヒロコーポレーション 新商品あり

ブース番号 W3G-08
ジャパンホームショー2019

見どころ情報

◆最新工法 超大形タイル張り乾式工法 最大1600×3300㎜の超大形タイルを内・外壁に耐震構造により安全に施工することを可能にした新乾式工法である。木造・鉄骨造・RC造及び、ALC造・ECPのロッキング構法にも対応できる。 ◆石材・タイル張り乾式工法(ヒロ結合工法) 自社開発で特許を約40件取得しており、内・外壁の石材やタイルの剥落防止に徹底した様々な工法を生み出している。自社特許製品の金物を組み合わせ、種々の石材・タイルをあらゆる躯体に施工することが可能である。地震による建物の変形・変位に追従する工法であり、地震多発国である日本において、石材及びタイルを安全に施工する技術を提供する。 ◆ヒロ結合工法の特徴 ・ヒロ結合工法は専用タイルを必要としない。石材、タイル、レンガなど多種多様な形状や素材を好きに選ぶことのできる工法である。 ・既存の外壁を撤去することなく、施工できるのもヒロ結合の魅力のひとつ。既存の外装材の上に直接金物基盤を張り付ける為、廃材も少なく抑えることができる。 ・強度の高いステンレス及び新鋼板のパンチングを使用。無数の孔に接着剤が通過し絡まることで固定強度が増し、石材やタイルの落下を防ぐ。また、石材やタイルを結合した基盤と下地材(躯体)との間に隙間を設けることによって水分が滞留することなく、白華現象を抑制できるとともに凍害にも有効な工法である。 ・ヒロ結合工法は、高度な職人技を必要としない。構造体に取り付けた金物基盤に沿って石材やタイルを張り付けていくので、抜群の作業効率と高い品質の仕上がりを可能にした。 ・金物基盤と石材やタイルを結合させ、躯体の動きと絶縁させる事により地震の揺れに対して安全性が向上する。

出展製品

◆超大型タイル張り乾式工法(最大1600×3300㎜タイル用) ◆ビームハール工法(大形タイル・石材用) ◆新ビームハール工法(大形タイル・石材用) ◆新シュタールネット工法(H50~300㎜タイル・石材用) ◆ドットハール工法(乱形石材用)

20190924140433 119314 seihinlogo1 20190924 130909

超大型タイル張り乾式工法(モックアップ)

20190924140433 119314 seihinlogo2 img 3928

新シュタールネット工法

20190924140951 119314 seihinlogo3 dz9q0721

ヒロ結合工法(施工例)

お問い合せ先情報

株式会社ヒロコーポレーション (http://hiro-kanshiki.jp/

ページTOPへ